相棒 -劇場版Ⅲ- 「巨大密室 特命係 絶海の孤島へ」のキャスト、スタッフ、ロケ地

相棒 -劇場版Ⅲ- 「巨大密室 特命係 絶海の孤島へ」のキャスト、スタッフ、ロケ地

公開日:2014年4月26日

ストーリー

 ある朝、警視庁特命係の狭い部屋に出勤前の2人を待つ1人の男の姿があった。元警視庁特命係、現警察庁長官官房付の神戸尊(及川光博)。杉下右京(水谷豊)にとっては懐かしい、そして甲斐亨(成宮寛貴)のとっては見慣れない顔。全ての始まりは「馬に蹴られて男性死亡と見出しに記された小さな三面記事だった。東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ鳳凰島という聞き慣れない島で起こった、一見ありふれた事故としか思えない記事。尊が特命係を久々に訪れたのは、その事故を手がかりに特命係をその島に潜入させて、妙な噂の絶えない島の実態を調査させるという、警察庁次長甲斐峯秋(石坂浩二)からの密命を受けたからだった。「確かめてみたくありませんか?」。尊は2人をそそのかし、鳳凰島への経由地となる八丈島行きの航空券2枚をデスクに置いて特命係の部屋を出ていく。

気乗りしないまま、八丈島から小型機に乗って鳳凰島へと向かう特命係の2人。そこはある実業家(宅麻伸)が個人所有している島で、島内では元自衛隊員たちが訓練のために共同生活を送っていた。2人を事故現場へと案内する民兵組織のリーダー神室司(伊藤剛志)と高野志摩子(釈由美子)。右京と亨は、表面上は穏やかに、しかし、あからさまに「招かざる客」として島の人々に迎えられていた。

事故で死亡したのは、島での訓練に一時的に参加していた予備自衛官(※)の会社員だった。当初、事故調査は島へと潜入するための口実に過ぎなかったが、右京は現場の調査で持ち前の嗅覚と洞察力を発揮。それは「事故」ではなく「殺人事件」に違いないとの確信を深め、極秘に鑑識課米沢守(六角精児)に連絡をとって証拠をつかもつとする。一方、警視庁内も新たな動きを見せ始めていた。峯秋の働きかけによって、捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹澤慶二(山中崇史)が特命係の後を追って島へと送り込まれることになったのだ。

特命係の2人、捜査一課の3人、そして鑑識課米沢、いつもの面々が島で再開し、事件の鍵を握る決定的な証拠を得て宿舎に戻ろうとした時、迷彩服に身を包んだ男たちが彼らに襲いかかった。そのプロフェッショナルで計算され尽くした襲撃は、島で右京や亨が見た訓練中の元自衛隊員たちとは明らかに異なる手法のものだった。6人は成す術もなく布袋をかぶせられ、ヘリコプターで東京へと輸送されていく。

鳳凰島に正体不明の男たちを送り込んだのは防衛省。つまり、彼らを襲ったのは現役の陸上自衛隊の特殊部隊だった!東京に無理矢理運ばれた特命係の2人は、自衛隊が秘密裏に備蓄していた”あるウィルス”が島の謎と関係していることを突き止める。すぐに警視庁のヘリコプターで島に再上陸し、密林の奥地を駆け抜けていく杉下右京と甲斐亨。密林の先で特命係の2人が目にしたものとは?

島では一体何が起きているのか?民兵組織の真の目的とは!?

外界から完全に閉ざされた孤島=巨大な密室での事故調査は、殺人事件捜査へと変貌し、さたには防衛省、警察庁、国の権力者たちが暗躍する得体の知れない大きな謎の真相究明へと突き進んでいく。最後に明らかになる、世界衝撃の真相に特命係は辿りつけるのか!?

※予備自衛官:非常勤の特別職国家公務員として普段はそれぞれの職業に従事しながら、一方では訓練に応じ、有事の際招集され自衛官として活動する。

相棒 -劇場版IⅢ- 警巨大密室 特命係 絶海の孤島へ https://www.tv-asahi.co.jp/aibou-movie/story.html

キャスト、出演者

役名 俳優 役柄
杉下右京 水谷 豊 警視庁特命係係長 警部
甲斐 亨 成宮寛貴 警視庁特命 係巡査部長
伊丹憲一 川原和久 警視庁捜査一課刑事 巡査部長
三浦信輔 大谷亮介 警視庁捜査一課刑事 巡査部長
芹澤慶二 山中崇史 警視庁捜査一課刑事 巡査
角田六郎 山西 惇 警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策5課長 警視
米沢 守 六角精児 警視庁刑事部鑑識課員 巡査部長
大木長十郎 志水正義 警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策5課
小松真琴 久保田龍吉 警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策5課
内村莞爾 片桐竜次 警視庁刑事部部長 警視長
中園照生 小野 了 警視庁刑事部参事官 警視正
大河内春樹 神保悟志 警視庁警務部人事第一課主席監察官 警視
笛吹悦子 真飛 聖 日本国際航空キャビンアテンダント、亨の年上の恋人
月本幸子 鈴木杏樹 小料理屋「花の里」女将
神戸 尊 及川光博 警察庁長官官房付、元特命係
神室 司 伊原剛志 元陸上自衛隊 普通科 三等陸佐
高野志摩子 釈由美子 元陸上自衛隊 武器科 三等陸曹
丹波元史 神尾 佑 元陸上自衛隊 機甲科 陸曹長
因幡義典 金児憲史 元陸上自衛隊 衛生科 三等陸尉
相模太郎 渡邉紘平 元陸上自衛隊 化学科 二等陸曹
岩代純也 瀬川 亮 元陸上自衛官で現在は即応予備自衛官
三橋 謙 生島勇輝 元陸上自衛隊 普通科 陸士長
柿沼秀喜 中薗光博 元陸上自衛隊 普通科 陸士長
唐沢民賢 岩代の父
粕谷佳五 特殊作戦群隊長
井川哲也
崎浜秀彌 医者
福永武史
島かおり 岩代の母親
松坂忠義 嶋田久作 防衛省 幕僚監部監理部長
松島圭二郎
五十嵐昇
西 泰平
今田真治
赤池高行
保科光志
依田真一
中村 勝
西沢智治
板垣 克
多賀周治 渡辺 大 自衛隊特殊作戦群
桂浜泰三 六平直政 八丈島署の刑事
芸優、テアトルアカデミー、ウェスタ、TOWIN、VIVIT、ビッグファイタープロジェクト、沖縄エキストラのみなさん
栗山朔太郎 吉田鋼太郎 参議院議員、防衛大仁政務官
綿貫孝雄 風間トオル 防衛省 防衛政策局次長補
若狭道彦 宅麻 伸 若狭産業 社長
甲斐峯秋 石坂浩二 警察庁次長

スタッフ

製作指導 早川 洋
製作 平城隆司、鈴木武幸、水谷晴夫、都築伸一郎、山本晋也、浅井賢二、木下直哉、樋泉実、大辻茂、笹栗哲朗、渡辺万由美
エグゼクティブプロデューサー 林雄一郎
Co.エグゼクティブプロデューサー 大川武宏
プロデューサー 松本基弘、伊東仁、遠藤英明、西平敦郎、土田真通
脚本 輿水泰弘
音楽 池 頼広
撮影 会田正裕(J.S.C)
照明 大久保武志
美術 近藤成之
録音 舛森 強
編集 只野信也
装飾 山岸正一
音響効果 西村洋一
スクリプター 唐崎真理子
助監督 安養寺工、近藤一彦
制作担当 金井光則
監督補 東 伸児
ラインプロデューサー 今村勝範
監督助手 浅利宏、滝本重之
撮影助手 宮﨑悟郎、木村明代、澤野晃、田村翔
照明助手 稲嶺司、松村泰裕、大西盛士、澤村圭佑、照屋貴史
録音助手 山本弘樹、良井真一、小林亜由美
美術助手 松田香代子、橋本連
小道具 舟木博志、田村篤司
装飾助手 髙木研二
装置 百地正志、大西憲一
セット付 望月寿久
衣裳 深野明美、石松千鶴
スタイリスト 斎藤真喜子、久保木裕子
ヘアメイク 山北真佐美、相澤千明、立身恵
殺陣 二家本辰己
特機 釜田友也、石綿宏幸、太田量
カーアクション 海藤幸廣(アクティブ21)
特殊効果 船越幹雄(ライズ)
特殊メイクデザイン 藤原カクセイ(ダミーヘッド)
特殊メイク助手 宮本珠乃
空撮統括 志田信幸
空撮 唐澤隆幸、田邉良幸、西岡亜貴、青木剛、石坂正二、志村瑞穂、具志得生、川端昇明、川村毅、山内あかり、渡辺精一、榎本浩司、佐藤岳彦、北原勇樹、神澤遼太郎、江藤裕樹
馬術指導 田中光法(ラングラーランチ)
プログラミング 高山元勝
看護指導 石田喜代美
技術営業 友枝裕治
照明機材オペレーター 半谷秀幸
ゼネオペレーター 鈴木直幸
車輛 石井雅和、野村俊彰、岸井日出一、川口茂男、森山勝、磯部康裕
劇用車 インペリアル
鈴木高博、鈴木恭二
南日本警備保障、パンケーキファクトリー
劇用船 BLUE ZONE、漣太丸
制作進行 山﨑敏充、雨宮光洋、魚田孝浩
沖縄スタッフ 北東正樹、島田力、知念優、島袋博文、佐々木清和、照屋周平、高屋雄多、村田達、平川宗彦、蔵本利貴、古謝翔也、宮平和史
沖縄ロケ協力 玉城堅徳
SONY 山下仁、小野崇也、小坂克城、田苗拓磨、徳永直木、長尾研一郎、中丸英樹、西山昌幸、渡辺剛
撮影応援 中村耕太、林和哉
照明応援 斎藤順、小日向賢治、早川英明
装飾応援 武田恭子
ヘアメイク応援 西村佳苗子、東門雅乃、佐藤由佳
ミリタリーアドバイザー 越康広、長谷部浩幸、五十嵐昇
沖縄ロケコーディネート 佐々木勇太
演技事務 長尾久美子
沖縄エキストラ担当 砂川敦志
制作デスク 橋本 憲
制作主任 松原剛、福井一夫
VFX KUROFUNE PRODUCTS
VFXスーパーバイザー 島﨑 章
VFXプロダクションマネージャー 宮島壮司
CGIプロデューサー 平 輿史
CGIディレクター 早崎竜生
CGI 林慶祐、木全俊明
デジタルマットペイント 有働武史、M・SOFT
オペレーター 太田仁美
コーディネーター 橋本公行
アソシエイトプロデューサー 村上 弓
音楽プロデューサー 津島玄一
レコーディングエンジニア 松田龍太
Score copyist 村井”ボックル”杏名
音楽制作協力 Studio Kitchen
音楽制作協力 テレビ朝日ミュージック、東映音楽出版
ダイアログエディター 深井康之
ダビングエンジニア 原口崇正
フォーリー 佐々木英世、朝倉三紀子、伊藤進一、渡部健一
編集助手 菊地史子
仕上げ業務 志田直之、大畑英亮
技術業務 八木明広
技術 東映デジタルラボ、東映デジタルセンター
テクニカルコーディネーター 後藤利実
DIカラリスト 佐竹宗一
オンラインエディター 阿部 理
DIアシスタント 相馬仁美
オンラインアジスタント 佐藤友美
タイトル 道川 昭
配給統括 村松秀信
劇場営業 菅原史、篠崎直樹
宣伝統括 相原 晃
宣伝プロデューサー 狐嶋健二郎
テレビ朝日宣伝 西尾浩太郎、古澤琢
宣伝 高橋由佳、小宮脩
パプリシティー 下園大祐、膳所美紀
タイアップ 谷口毅志
webPR 伊藤充輝、山本大典
web制作 門倉友和、越沼真理子
ローカル宣伝 川井俊一、佐藤郁子、井川洋一、里登志幸
スチール 阿部昌弘
メイキング 菅野賢司、中田征吾、生亀博教
メイキング撮影 髙木克真
宣伝美術 藤田恒三、江尻ひかる
予告篇ディレクター 福永大輔(ガル・エンタープライズ)
出版協力 稲垣伸寿、林正人、高橋健司
テレビ朝日コンテンツビジネス 白倉由紀子、白川彩奈
テレビ朝日タイアップ 横井隆、水出和樹
テレビ朝日編成 稲垣健司、神田エミイ亜希子、尾木晴佳

協力

車輛協力
NISSAN

衣裳協力
ピースクラウン、永島服飾株式会社、フレックスジャパン、ARAアラ商事株式会社、Kent Ave.、COMME CA ISM、Men’s Bigi、American
Apparel、CROWDED CLOSET、DENHAM、ADRTAND GOLDSCHMIED、COMME CA MEN、中田商店、suite、堀越ネクタイ、エフワン、MONSIEUR
NICOLE、FixPon、ex/tra monsieur NICOLE、伴治郎

持道具協力
TOSHIBA、Daiohs、OAランド、バイオ、アルインコ、brother、タムラ厨房調理機、IWATSU、シンコール株式会社、大亜真空、ヤマト科学、旭硝子株式会社、日本装削蹄協会、シゲマツ、エムエス機器株式会社、帝国繊維株式会社、ギャラリー四季

小道具協力
FREDERIQUE CONSTANT GENEVE、Pierre Lannier、Hush Puppies、JOHNSTON&MURPHY、Otsuka、LOCONDO.jp、PATRICK
STEPHAN、CASIO、DIESEL、INDEED、DECADE、madras、nowistyle、ユーロパッション、SoftBank、株式会社サン・フレイム、AVIREX、ケイ・ホスピア株式会社、SUUNTO、株式会社シラック・ジャパン、東京マルイ

ヘアメイク協力
ACSEINE、BOBBI BROWN、株式会社ジャンパール、株式会社岡本商会

撮影協力
ホテルリゾネックス名護、ホテル デルフィーノ名護、ロワジールホテル&スパタワー那覇、那覇ビーチサイドホテル、ホテルゆがふいんおきなわ、日本ボーイスカウト沖縄県連盟、前島復興住民の会、NAHAえんがん共同企業体、名護市源河区、名護市真喜屋区、名護市天仁屋区、今帰仁村崎山区、沖縄県本部町、沖縄県座間味村、沖縄県渡嘉敷村、アイラス航空㈱、アカギヘリコプター㈱、川崎マリエン、富士通㈱川崎工場、SOULPLANET、MEDUSA、東京大飯店

協力
アップサイド、㈱日本シネ・サービス、宗特機㈲、丸和産業㈱、㈱紀和美建、㈱東京美工、東京衣裳㈱、髙津装飾美術㈱、㈱東洋音響、Libec、㈲ストロングワーク、㈱DHC、㈲シーエムシー、㈱三交社、東映ラボ・テック㈱

製作協力
青森朝日放送、岩手朝日テレビ、東日本放送、秋田朝日放送、山形テレビ、福島放送、新潟テレビ21、長野朝日放送、静岡朝日テレビ、北陸朝日放送、山口朝日放送、瀬戸内海放送、愛媛朝日テレビ、長崎文化放送、熊本朝日放送、大分朝日放送、鹿児島放送、琉球朝日放送

系列統括
野下洋、西出将之

「相棒-劇場版Ⅲ-」パートナーズ
テレビ朝日:福吉健、隅田麻衣子、篠原真紀
東映:吉田順、大島学、井上めぐみ、山野宏樹
トライサム:長井富夫、青柳貴之
小学館:久保雅一、大村信、浅井認
朝日放送:依田正和、井上淳子、津川英子、沼田慎一郎
メ~テレ:福島更一郎、片桐千秋、太田雅人、伊藤礼子、斎藤陽子
木下グループ:川村卓也、武部由実子、嘉手莉理沙
北海道テレビ:瀬川秀利、福屋渉、東直樹
広島ホームテレビ:佐々木和彦、酒井立夫、田原絹子、山岡盛人
九州朝日放送:芦間恵子、坂井剛、木附ゆかり
トップコート:川嶋静子

製作プロダクション
東映東京撮影所
東映テレビ・プロダクション

配給
東映株式会社

監督:和泉聖治

ロケ地

・初めに空から映した鳳凰島・・・沖縄県渡嘉敷村の黒島
・スコップを使った格闘訓練をしていた砂場・・・沖縄県座間味島(26°14’45.9″N 127°18’43.6″E)
・八丈島の港・・・沖縄県座間味村の座間味港
・甲斐亨が杉下右京に声をかけた歩道・・・警視庁本部北側(東京都千代田区霞が関2丁目1)
・防衛省外観・・・防衛省
・参議院議員会館外観・・・参議院議員会館
・参議院議員会館の栗山朔太郎の部屋・・・
・鳳凰島の民兵の合宿場・・・
・杉下右京と甲斐亨が着いた鳳凰島の港・・・
・杉下右京が考え事していた海岸・・・
・捜査一課の3人が鳳凰島に行くよう命じられた会議室・・・川崎マリエン
岩城邸・・・
・八丈島警察署・・・本部町役場(沖縄県本部町東5)
・若狭道彦と神室司が部隊を作る話をしていた店・・・MEDUSA(東京都渋谷区恵比寿1丁目8-12)
・神室司と若狭道彦が話をしていた海岸・・・
・捜査一課の3人と甲斐亨が若狭道彦を問い詰めた海岸・・・
・杉下右京らが謎の部隊に襲われた場所・・・
・謎の部隊がリコプターから島に降りていた場所・・・
・民兵らが謎の舞台に拉致された海岸・・・
・杉下右京らが解放された場所・・・東京都江東区豊洲6丁目4
・捜査一課の3人らが乗った車が走っていた通り・・・都道484号線
・杉下右京らが乗った車と捜査一課の3人らが乗った車が走っていた通り・・・有明通り
・神戸尊が杉下右京に電話するために車を止めた場所・・・議事堂前
・栗山朔太郎と若狭道彦がいた中華料理店・・・東京大飯店
・高野志摩子と岩代純也がいた滝・・・普久川滝(26°36’19.5″N 128°03’25.2″E)
・捜査一課の3人が荷物を探しにいった運送会社・・・
・甲斐峯秋と綿貫孝雄が乗った車が走っていた通り・・・四谷角筈線(都道414号線)(東京都新宿区霞ヶ丘町1、港区北青山1丁目7)
・杉下右京と甲斐亨が話ながら歩いていた通り・・・中央通り(東京都新宿区西新宿2丁目6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください